シエスタハコダテ

【CONCEPT】

 函館フュージョン

【OPEN】

 2017年 4月22日

【LOCATION】

 北海道函館市 本町 24-1

【OWNER】

 SPC函館本町再開発株式会社

【WORKS】

 基本構想・コンセプト

 MD計画

 再開発コンサル

 テナントリーシング

 事業収支計画

 デザイン計画・監修

 CI・VI・SI計画

 建築基本設計

 建築実施設計

 施工監理・監修

 施設環境・空間デザイン

 プロジェクト監理・監修


【COMMENTARY】

シエスタ(SHARESTAR)ハコダテは、街中に賑わいを創り出すことは勿論、地域の企業(テナント)も活躍できる複合商業施設の誕生により、地域の人々が活き活きと働き続けられる仕事や、若者達が憧れる新しい価値蜆の仕事・職場を創り出し、それらを市民と「SHARE(共有)」したいとの想いで計画を進め設計を行った。
建物は地下1階から4階までを商業・公益の低層部とし、19階までの分譲マンションとの2つで構成されている。高陪部は白を基調とし水平線を強調したバルコニーラインで街に軽やかな印象を与え、低屈 部は市内随一の交差点に商業の賑わいを伝える大きなガラス面、クラシカルで柔らかな表情を持つ塗壁、 暖かな印象の道南杉テラス等で構成され、重厚感と軽やかさをもつ特徴的なファサードで街角に賑わいと趣を与えている。
1階部分は公開空地やセットバックされたエントランス、ピロティ型テラスにより、待ち合わせや休憩· イベント等、人々が集え賑わう半屋外空間で建物内部と街角をつないでいる。
商業・公益の内部空間は、建築設計・内装デザイン・グラフィックデザインがジャンルを超え「SHARE」 のコンセプトの下、共通ルールのスケルトン内装と道南杉を採用し、フロア間・テナント間を越えた一体感のある内装デザインを実現している。各フロアには共用・専有を問わずコミュニティや休憩のスペースを多数設置し、来館者が買い物や飲食以外にもゆったりと時間を過ごすことが出来る滞在型商業施設としている。
また、函館や道内の食を提案する地階のフードマーケットホールSHARESTAR Kitchenは企画から設計・ 内装工事・商品構成提案までをビル側で行い、地域のテナントが出店しやすく、活躍出来る仕組みを提供し、地域企業とビル側が一体的に街の活性化に取り組む。